スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マットの交換

カブトムシの飼育に関するサイトを見ていると、この時期、幼虫はマットを食べまくってフンをたくさんすると書かれています。

といっても、「カブトムシの幼虫のような小さい生物がするフンなんて目で見てわかるんかな?」と疑問に思っていました。

実際に目にするまでは!

カブトムシを飼育していケースの中でも大き目のケースのフタを開けてびっくりしました。


スイカの種を少し大きくした黒い塊が全部フン!!

あらかじめ100円均一で購入し用意していた目の粗いザルでふるいにかけてフンを捨てていくのですが、なんとなんとマットがほとんど残りませんでした。


マットを全交換してしまうと環境が変わりすぎて幼虫に悪い影響を与えてしまう可能性があるためフルイにかけているのですが、これがかなりしんどいです…。
ザルを1日中フリフリしていると腱鞘炎になりそうですw

飼育からわずか1か月そこそこしか経っていませんが、幼虫の1匹、1匹がデカいです……。



何でもカブトムシの幼虫は9月~10月にマットをモリモリ食べて大きくなるらしく、そのあとはマットを食べてもあまり成長しないそうです。
ですから、この時期のマット交換は非常に大事なのですw

今回、フンが目立つケースのマットは全てフルイにかけて交換しました。
幼虫を触る時はスプーンですくうか、使い捨てのビニールの手袋で触るようにしています。
それぐらい幼虫は雑菌に弱いとか……

このマット交換、個体の数にもよるんでしょうけど、かなり重労働です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:どんべ
メインテーマは「我が家のお出かけ日記」です。
2014年3月よりファミリーキャンプ本格稼働!!

詳しいプロフィールはこちら

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
RSSリーダー
    RSSデータ読み込み中……
リンク
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。